畳と暮らす > 畳の知識 > 畳の選び方 > 大きさの違い

大きさの違い

京間、中京間、江戸間

畳の大きさは地域によって微妙に違います。一般的には、次の3種類が広く使われています。

京間(本間、関西間)  
京間(本間、関西間)
 
サイズは3尺1寸5分×6尺3寸(955mm×1910mm)。
主に近畿・中国・四国・九州と西日本の大部分で使用されることが多い。
中京間(三六間)
 
中京間(三六間)
 
サイズは3尺×6尺(910mm×1820mm)。
主に愛知・岐阜県の中京地方や北陸・東北地方の一部と沖縄、奄美大島で使用されることが多い
江戸間(関東間、五八間)
 
江戸間(関東間、五八間)
 
サイズは2尺9寸×5尺8寸(880mm×1760mm)。
関東、東北地方の一部、北海道と三重県伊勢地方の地域で使用されることが多い。

畳の大きさは、なぜ違う?

それぞれサイズが微妙に違うのはなぜでしょうか?
畳の縦の長さを「1間」という単位で表します。この単位は、もともと年貢米を明確にする「検地」で使われた竿の長さが基準となっています。

豊臣秀吉の時代に行われた「太閤検地」では、「1間=6尺3寸(1910mm)」の竿を使って農地を測定されました。家をつくる際もこの竿を基準に建てられたとされ、この時代の建物で使われた畳が「京間」の原型となります。
 
ところが江戸時代になると、「1間=6尺(1820mm)」と短くなりました。短く(狭く)なった土地から同じ量の年貢を納めさせる…つまり「増税」です。このとき建てられた建物から生まれた畳が「中京間」の原型です。
  畳の大きさは、なぜ違う?
畳の大きさイメージ
柱の中心間を1間とするため、柱の大きさを差し引いた5尺8寸が江戸間のサイズ。
 
また、畳が普及し始めると、畳の寸法を基準に部屋のサイズを決める考え方が生まれます。これを「畳割り」といいます。
一方、柱の中心間の距離を基準とするサイズの決め方を「柱割り」といいます。この「柱割り」で設計された家は柱の中心間を1間として計算するため、部屋のサイズは「畳割り」より柱の分だけ狭くなります。この部屋にあわせて作られた畳が「江戸間」の原型となったのです。
 
戦後、高度経済成長期には多くの団地が建設されます。その部屋のサイズに合わせて生まれたのが「団地間」です。団地間のサイズは850mm×1700mmが一般的で、現在のアパートやマンションなど集合住宅の標準サイズとなっています。

様々な畳のサイズ

近年では琉球畳の代表される正方形の畳など、縦横比が2:1ではないものも出てきました。また、ライフスタイルの多様化から、部屋の寸法に合わせてオーダーされた規格外サイズの畳も多くなっています。   様々な畳のサイズ