畳と暮らす > 畳の知識 > 畳の選び方 > 畳床の種類

畳床の種類

畳の機能・性能を決定づける芯材

畳のよしあしを決めるもっとも重要な芯材であり、機能性や性能を決定づける最大のポイントとなる畳床。
その素材は大まかに3つに分けられます。

(1)昔ながらの稲わらが原料としたもの
(2)畳ボード(木材チップ)を使ったもの
(3)ポリスチレンフォームを使ったもの

それぞれ使う環境や求める性能によって多様化しています。

(1)稲わら
稲わら   昔ながらの天然素材。わらを何層にも積み重ねて圧縮してつくるため、耐久性、調湿性、断熱性、保湿性に優れています。とりわけ調湿性に優れ、足で踏むとふわっとしたソフト感があります。また吸音・防音効果も備えており、張替えを繰り返しても寿命が長いのも特徴。しかし1枚で30kg強と、新建材と比べて重いのが難点です。
(2)畳ボード
畳ボード   木質系の原料から畳用につくられた「畳ボード」を数層重ねて床を作成しています。最近では、解体された古い木造建築や廃木材などの再生資源を繊維化したボードが多数出ており、環境にやさしい「エコロジー素材」としても注目を集めています。このほか、耐久性、調湿性、吸音性、衝撃吸収性などに優れていますが、稲わらと比較するとそれほど有利というわけではありません。
(3)ポリスチレンフォーム
ポリスチレンフォーム   畳ボードと発砲樹脂系の素材「ポリスチレンフォーム」を重ねた新建材。断熱性に優れ、しかも軽いのが特長。衝撃性や遮音性にも優れており、現在流通している畳の約7割を占めます。

畳床のメリット・デメリット

  メリット デメリット
稲わら ・耐久性、調湿性、断熱性、保湿性に優れている
・わらの持つ吸放湿性が室内の環境改善に適している
・リサイクルや焼却処理に適している
・張替えを繰り返しても寿命が長い
・密閉された近年の住空間では、ダニやカビが生じやすい
・建材畳床と比較して重い
・職人技術に品質が左右されやすく、品質にばらつきが生じやすい
畳ボード ・大量生産が可能なため、同じ品質の商品が納入できる
・軽量で工事の作業効率がアップする ・再生資源を使ったエコ素材のボードも出ている
・稲わらと比べて、耐久性、調湿性、吸音性、衝撃吸収性、耐用年数に劣る
・工業製品のため、リサイクルに課題のある商品も多い
ポリスチレンフォーム ・稲わらや畳ボードと比較しても軽くて丈夫
・現在、畳流通の7割強と圧倒的なシェア
・安価で同じ品質の商品が納入できる
・断熱性に優れている。
・踏んだ感触が硬い
・稲わらに比べ耐用年数が短く、湿度調整も劣る
・ポリスチレンフォームのリサイクルの課題

機能を高めた畳床

ライフスタイルの変化に合わせて、従来の機能性をさらに高めた畳床が多くなっています。
例えば、フローリングに敷く様式で畳床が薄いタイプ。バリアフリーの観点からも重宝されます。
また、竹炭を組み入れることで脱臭・殺菌・調湿効果を高めた畳床、ヤシの実繊維を使ったダニ・カビに強い畳床など、あらゆる需要に応えるため、畳床も進化し続けています。

おや炭くん
中心に竹炭が入った峰丈紋畳
「おや炭くん」