畳と暮らす > 畳の空間

畳の空間 日本の心、畳のある住まい。

まず「畳」から連想するイメージといえば…「和室」「日本文化」そして「い草の香り」…

 

伝統的な日本の文化が思い浮かびます。

現代日本では、衣食住の全てにおいて日本的な生活習慣と欧米文化が融合しています。

その中の「住まい」についても、日本には欧米から多くの住まいに関する情報や商品が入ってきています。フローリングやカーテンなどが当たり前の昨今、どんなに西欧の生活スタイルになりつつあっても、日本的な生活習慣は形を変えても続くように、「畳の空間」もスタイルを変えながら新たな進化をしています。

ベーシックスタイル   モダンスタイル   純和風スタイル
ベーシックスタイル   モダンスタイル   純和風スタイル
ベーシックスタイルの畳

ベーシックスタイルとは、和洋折衷の生活様式である現代日本住宅での畳イメージです。家の中心となるリビングダイニングと隣接することの多い和室は、普段は間仕切りを開けて続き間としてひとつの空間で使われることが多いと思います。リビングダイニングと一体となっても違和感のない和室がベーシックスタイルです。

・ 畳表はベーシックな織り。

・ 畳縁は無地系で色の強くないもの。畳表ともよく馴染む色素材。

・ 建具は障子や襖。襖紙も無地系で、色もあまり濃くないプレーンなもの。

ベーシックスタイル   ベーシックスタイル   ベーシックスタイル
  ベーシックスタイル   モダンスタイル   純和風スタイル